Contract development business

数々のアイデアを形にしてきた社内のプロフェッショナルが、
ユニークな事業アイデアに溢れるクライアントを強力にサポートします。

クライアントの要望に合わせて、熟練のエンジニアが開発方法や仕様をご提案いたします。
金融システムなど、品質が重視されるシステム開発について豊富な実績があり、要件定義〜テスト工程、保守運用に到るまで一気通貫で対応することで、プロダクトの戦略・設計を根幹から支援します。

開発方法

「アジャイル開発」とは、現在主流になっている開発手法の1つであり、『計画→設計→実装→テスト』といった開発工程を、機能単位の小さいサイクルでスピーディに繰り返すことでプロジェクトを推進します。
プロダクトの価値を最大化することに重点を置き、仕様変更に強い開発手法のため、プロジェクトがスタートする段階で最終ゴールが定まっていない開発にも柔軟に対応することが可能です。

「ウォーターフォール開発」とは工程を分割・策定し、上流工程から下流工程へ順次移行していく開発手法です。
基本的なルールとして、工程を飛ばして作業することはなく、関係者全員が各工程の成果物を共に確認しながらプロジェクトを推進します。
進捗管理が容易な方法であり、各工程で予めタスクが決められているため、一定の品質を担保することができます。

上記はどちらも一般的な開発手法の1つです。それぞれにメリット・デメリットがあり、プロジェクトや状況、企業の体質など、さまざまな要素を考慮したうえで開発手法を選択することがプロジェクト成功のカギとなります。
リアクトウォールでは、クライアントの状況を丁寧にヒアリングし、最適なソリューションを提案・開発いたします。

開発実績

株式会社ミナケア様
予防型医療プラットフォーム開発
レセプト・適用・健診データの前処理システムを開発。
各事業所で統一されていないデータ形式を統一し、
DWHに投入できる形に整形とデータの統一の為の加工を実施。

発注するときに困ることはありませんか?